薔薇の下国59村のプロロにて使われた、役職説明を兼ねた詩人の歌。


 
何れの地より彼らが来るか。
何れの刻より彼らが在るか。
 
それ知る者は世にはなく。
 
ただ、伝わりしは幻燈歌。
 
朱に染まりし月の映すゆめ。
 
始まり兆すは紅の舞い。
絡み合いしは、縁の糸。
 
呼び集められしは、いとし子たち。
月の、神の、愛でし子ら。
 
 
月のいとし子は牙の主。
鋭き爪と、牙持て引き裂く夜の獣。
 
人でありながら人でなく。
内に獣を秘めし者。
 
他者の血肉を渇望し。
その思いのままに、夜を駆ける。
 
 
月に対するは、神のいとし子。
 
蒼と朱、ふた色の花。
対なる双花を身に帯びし、『双花聖痕』。
 
彼らは象徴。彼らは導。
力なき者を導く使命を帯びし、神の御子。
 
されど、甘美なるその花は。
時に強く、激しく、月の牙を引き寄せる。
 
 
双花支えしは見出す者たち。
神より授かりし力持て。
闇に潜みし、月のいとし子たちを見出さん。
 
一つの力は生ある者を。
一つの力は死せる者を。
 
それぞれ見極め、導となさん。
 
 
光なるものと闇なるもの。
狭間に揺らぐは影の護り手。
 
一つは光。
闇より迫る牙退けしもの。
一つは闇。
闇に潜む牙を護り、生かさんとするもの。
 
二つの護り手。対ならざる対なす者たち。
その存在は、合わせ鏡の如きもの。
 
 
月のいとし子、神のいとし子。
力ある者を巡る者たち。
 
力無きが故に弱く。
力無きが故に強く。
 
朱の月の彩る世界の内で。
何を求め、何を信じる……?
 
 
月巡り、刻巡り、『場』が築かれしとき。
選びうるは、生か死か。
 
生の望みは、他者の死を持ってのみ叶うもの。
 
死をもたらすは、月の牙か、人の刃か。
 
何れなろうと、死せる者は。
囚われ、ただ、行く末を見届けるのみ。
 
 
泡沫酔夢、夢幻の如く。
 
紡がれ行くは、物語。
月のいとし子、神のいとし子。
縁重なり、想い重なり。
 
描く未来は、如何なるものか。
 
語り継がれし物語。
水面に映るは、朱の幻燈……。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-10 (月) 17:26:38 (3058d)